カードローンの比較と銀行について

金利水準として調べたところ、3%から15%

クレジットカード

お金を借りようとした時に迷ったのは、どこで借りるかということです。審査の甘さは魅力の消費者金融ですが、安心や金利を考えると消費者金融では迷いが出てきます。結局悩んだ既に利用したのは銀行のカードローンですが、なんといっても低金利であることは大きな利点になりました。金利水準として調べたところ、3%から15%という数字であり消費者金融よりもはるかに低くなります。どこで契約をするかにもよるので、金利水準には違いはあるものの、原則的にみると借入限度額が大きいほどに、必要になってくる金利は低くなります。金利もですが、ほかにも利息という面で金額を見たときにも、その金額の差でも理解しやすいものです。


はな

1ヶ月の間と限定して10万円を借りることができた場合、必要になる金利の金額が、14%であるか18%なのかでも、お金を返すときの利息には大きく差が出てきます。14%だったら返済の利息は1,150円であっても、同じ金額を借りて14%の利息だったら返済は1,479円になるので、お金を返す時に300円以上の金額の違いが出てきます。1ヶ月という短い期間で計算をしてもこうした金額の差が出てくるのですから、そのまま1年間の間お金を借りていたら、1年後に返済をしたら4,000円という差が出てきてしまいます。


  1. 金利水準として調べたところ、3%から15%
  2. 毎月の返済という長い道のり
  3. 無理なく返済ができること
  4. 毎月の支払額が少なすぎる返済計画
カードローン
北日本銀行

copyright © 2016 カードローンの比較と銀行について all rights reserved.